十和田のまちを美術館にするプロジェクト“Arts Towada”が 10 周年を迎えるのを記念して、全 3 期にわたって開催される展覧会 「インター + プレイ」展。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、第 1 期の開幕を長らく延期しておりましたが、2020 年7 月 23 日(木・祝)- 2021 年 8 月 29 日(日)という会期で開催する運びとなりました

新しい創造を生みだし、インスピレーションの源泉となってきた Arts Towada の中核、十和田市現代美術館は、アートを通じて 人と人、人とまちが出会う、インタープレイ(相互作用)の現場であり続けてきました。

本展は、その精神を体現するものです。3 期を通じて、身近なものをモチーフに私たちの五感を刺激する作品をつくる鈴木康広が、ベンチにもなる大型の野外彫刻を 設置。引力をもち、そのパワーが外側へと広がっていく十和田の姿を表現しています。

また、近年芸術祭や大規模個展で注目を 集めている目[mé]は、まちなかの建物に真っ白なギャラリー空間を唐突に出現させます。

美術館内では、鏡とビデオカメラとプロジェクターを使い、見る人の感覚を撹乱する津田道子のインスタレーション、音に身をゆだね 溶け込んでいく感覚をもたらす evala の作品、十和田での滞在調査を踏まえ〈赤〉をテーマに制作される松原慈の新作を展示します。 また、会期中には問題行動トリオが美術館の展示室で、音楽とダンスの公演を行います。

詳細はこちらから。http://towadaartcenter.com/exhibitions/

■ 全期・・・鈴木 康広[十和田市現代美術館 前庭に展示]、目[mé][十和田市まちなかに展示]

■ 第 1 期出展作家・・・津田 道子、evala、松原 慈

■ パフォーマンス・・・問題行動トリオ(野村 誠+佐久間 新+砂連尾 理)[会期ごとに1回ずつ開催予定]

 

写真

鈴木康広《はじまりの果実》「Arts Towada十周年記念 インター + プレイ」展 展示風景 (十和田市現代美術館、青森、2020年) 撮影:小山田邦哉