2007年1月にオープンしたアートヴィレッジ大崎には、ナンジョウアンドアソシエイツが手がけた国内外のアーティストによる5つの作品が設置されています。

この場所の守り神の意味をこめ、赤い帽子をかぶったガーデナー(こびと)をモチーフとして制作されたドイツのアーティストグループ、インゲス・イデー による「グローイング・ガーデナー」をはじめとし、クリスチャン・メラーによる「ノジー」、ヨアヒム・ザウターによる「デュアリティ」など人の動きに反応 するインタラクティブ・アートなどが設置されています。

 

■ 計画概要

場所 :東京都品川区大崎駅東口
完成 :2007年1月
事業主体 :大崎駅東口第3地区市街地再開発組合
設計・建設 :(株)日本設計(建築設計)
(株)大林組(建築設計・建設)
アートコンサルタント:(株)大林組
アトリエ・ジーアンドビー
ナンジョウアンドアソシエイツ

設置作品点数 :5点(他社による2作品を含む、計7作品が設置されています)
参加アーティスト :インゲス・イデー(ドイツ)/クリスチャン・メラー(ドイツ)/ヨアヒム・ザウター(ドイツ)/モーリス・ヨーステン(オランダ)/吉水浩(日本)