愛・地球博アートプログラム

愛・地球博の公式事業であるアートプログラム事業は、(財)2005年国際博覧会協会より、株式会社ワコールアートセンターに業務委託され、ナンジョウアンドアソシエイツは、制作協力として、作品制作に携わりました。

『幸福かたちーDIVERSE WAYS OF HAPPINESS』をテーマに、大阪万博の開催年である1970年以降に生まれた国内外の若き芸術家7人によって制作された作品を、万博会場内に展示したプロジェクトです。
来場者は会場内を巡りながら作品を楽しむ事ができる様に、作品は会場屋外7カ所に点在されています。そこには、作品を見ながら、我々が生きるこの時代と次世代に受け継がれるべき『幸せのかたち』について思いを馳せて頂きたいと言う願いも込められています。

 

■ 計画概要

場所:愛知県(長久手町、豊田市、瀬戸市)
期間:2005年3月25日~2005年9月25日(185日間)
主催:財団法人日本国際博覧会協会
企画・制作:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター
キュレーター:岡田勉/スパイラルチーフキュレーター
制作協力:ナンジョウアンドアソシエイツ
作品設置数:7点
来場者数:22,049,544人
参加アーティスト:
さとうりさ(日本)/名和晃平(日本)/Han Zin Su(韓国)/Ivana Falconi(スイス)/
澤田知子(日本)/Federico Herrero(コスタリカ)/Tea Makipaa(フィンランド)

■ 業務範囲

●協議・調整業務協力
(作家・作品決定に関わる主催主体・施工事務所・などとの協議・調整)
●設計・調整業務協力
(作品を制作するための設計、技術・安全性・耐久性などに関わる支援・調整)
●コスト管理協力
(作品制作全体のコスト管理・調整)
●スケジュール管理
(制作・設置を含む全行程の管理・調整)
●作家の招聘業務
(視察から設置、オープニングプレビューまで作家の滞在の調整・管理)
●メンテナンスマニュアルの作成
(メンテナンスに関わる調査・資料作成)
●作品撤去業務協力
(会期終了後の作品撤去工事の調整