LADY DIOR AS SEEN BY

クリスチャン ディオールでは、ディオール銀座のリニューアルオープンを記念し、2012年4月22日より1ヶ月にわたり銀座の特別会場にて “LADY DIOR AS SEEN BY”展を開催いたしました。

本展は、ディオールのアイコンであるバッグ「レディ ディオール」を題材に、世界的に活躍する様々な分野のアーティストが写真、オブジェ、映像で「レディ ディオール」を表現した、ディオールとアーティストによるコラボレーションの展覧会となります。

中国を皮切りに、日本、そして今後は世界の都市への巡回が企画されている本展では、すでに作品を出展している名和晃平に加え、今回の日本での開催に合わせ、東信、鬼頭健吾、土井浩一郎、宮永愛子ら日本人アーティストも参加しました。

弊社では、本展の運営、広報の一部をお手伝いさせていただきました。

■ 開催概要
会期 2012年4月22日(日)- 5月20日(日)
会場 ディオール銀座仮店舗
東京都中央区銀座4-3-1 和光並木館1階
主催 クリスチャン ディオール株式会社