松下電工株式会社 アートプロジェクト

汐留地区に建てられた松下電工(株)新本社ビルのためのアート計画。繊細な建築物のデザインに調和するよう上品で軽やかな印象を持った作品が選定され、設置されています。日本において初めての作品となるモーリス・ヨーステンの白色吊り型彫刻は、見る角度によってさまざまな異なる印象を与え、途切れることなくうつろいゆく時の流れを表現しています。何層ものレイヤを塗り重ね制作された佐藤勲による絵画は縦方向へと続く吹き抜け空間の壁面によく調和しています。

 

■ 計画概要
場所:東京都港区東新橋
完成:2003年
事業主体:松下電工(株)
設計・建設:株式会社日本設計
設置作品点数:5点(3作家)
参加アーティスト:
モーリス・ヨーステン(オランダ)/佐藤勲(日本)/増田聡子(日本)