Arts Towada:十和田市現代美術館

青森県十和田市の中心部に位置するArts Towada(アーツ・トワダ)は、アート作品、中核施設である十和田市現代美術館、アートプログラムの3つから構成される「アートによるまちづくり」プロジェクトです。2008年4月に計画の第一期となる十和田市現代美術館が開館し、2010年4月には、美術館南側に第二期エリアとなる「アートスクエア」がオープンしました。国内外30名のアーティストによるパーマネント作品に加え、展覧会やワークショップ、地元商店街をはじめとする市民の方々と連携したアートプログラムなどが実施されています。雑誌やテレビなど多くのメディアで取り上げられ話題となり、人口6万6千人という小さな街で、十和田市現代美術館の開館から2年弱のあいだに累計40万人(2010年7月現在)という多くの方々が訪れてくれている人気のスポットとなっています。ナンジョウアンドアソシエイツは、 2002年より、全体監修者としてほぼゼロの状態から計画策定を行い、作品や作家の選定、美術館の機能や面積構成、設計者の選定支援、運営方針の策定など、計画策定からオープン後の広報活動まで、すべてのプロセスに携わり、この計画を実現させています。

■ 計画概要
場所:青森県十和田市
完成:2008年(1期・十和田市現代美術館)、2010年(2期・アートスクエア)
事業主体:十和田市
全体監修:ナンジョウアンドアソシエイツ
設置作品点数:22点(アーティスト21名)
建築設計:西沢立衛建築設計事務所

参加アーティスト(十和田市現代美術館):

チェ・ジョンファ(韓国)/ジム・ランビー(イギリス)/ロン・ミュエク(オーストラリア)/マリール・ノイデッカー(ドイツ)/フェデリコ・エレーロ(コスタリカ)/山本修路(日本)/ボッレ・セートレ(ノルウェー)/キム・チャンギョム(韓国)/ジェニファー・スタインカンプ(アメリカ)/ハンス・オプ・デ・ビーク(ベルギー)/トマス・サラセーノ(アルゼンチン)/オノ・ヨーコ(日本)/森北伸(日本)/アナ・ラウラ・アラエズ(スペイン)/椿昇(日本)/栗林隆(日本)/スゥ・ドーホー(韓国)/ポール・モリソン(イギリス)/マイケル・リン(台湾)/山極満博(日本)/高橋匡太(日本)

 

参加アーティスト(アート広場/ストリートファニチャー):

インゲス・イデー(ドイツ)/ライラ・ジュマ・A・ラシッド(UAE)/草間彌生(日本)/リュウ・ジャンファ(中国)/マイダー・ロペス(スペイン)/マウントフジアーキテクツスタジオ(日本)/ジャウメ・プレンサ(スペイン)/R&Sie(n)(フランス)/エルヴィン・ヴルム(オーストリア)